スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストルバイト結石

2007.01.12
家に帰るとキッチンペーパーが
ありえない位置に連行されていました_| ̄|○ililil

20070111154120.jpg


どっちがやったの!?!!!!!!!∵・(`Д´)ノ∵・


びさま、キキ「・・・・・・・・」
20070111154141.jpg



びさま、キキ「・・・・さ~?」
20070111154132.jpg


こら、ふたりして目をそらすな(-ω-;)

ま、こんなことをするのはキキしかいないのですけどね(笑



その後のキキドン

昨日、病院にいったん寄って採尿用のスポンジのような物をもらい
帰ってからキキの様子を見ると普通におしっこしてくれたのです。
で、ちゃんと採尿もできました。

いつも通り元気すぎるくらい元気でご飯もよく食べよく鳴き
これはいっそ病院行かなくてもいいくらい?(;´ω`)
と思いましたが昨晩のトイレに行くのに出ない状態が気になり
念のためと思い検査してもらいました。


結果、ストルバイト結石が発見されました。。。。


※ストルバイト尿石症とは
尿路結石症とは、食餌や水に含まれているマグネシウムやカルシウムや尿酸などのミネラル分と、尿の中のたんぱく質などが結合して、尿路(腎臓・尿管・尿道・膀胱)に結石ができる病気。



行って良かった(;´ω`)
発見が遅れるところでした(汗
このまま尿閉塞や尿毒症になってたら危ないところでした(大汗

顕微鏡を見せてもらったら、本当に結晶のようなものがいっぱいあって
あの布団でおしっこもそういうシグナルだったのかと思うと
もっと早く気が付いてあげればよかったと後悔。
痛い思いをさせてゴメンね(TωT。)

「まさか・・・」
心の中で本当にそう思いました。
11月の健康診断や血液検査では
ちょっとカロリーが高いかも?程度しかなかったし
まだ生まれてから7ヶ月にも満たないキキに石ができるというのは
考えてもいませんでした。
先生曰く、体質によるものとのこと。

抗生物質を注射し、ウォルサムのphスターターの療養食をもらい帰宅しました。

が、本猫はいたって元気ですのでご心配なさらずに(笑
食事は思いの外、食いつきがよく、「ほんとに病気?」と思えるほどです(笑

この病気になると一生つき合っていかねばいけないとのこと。
今後の治療法や予防法についていろいろと勉強していくつもりです。
また、腎臓が少し悪いびさまとの食事生活についてもいろいろと考え中です。
なにか良いアドバイスなどございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

とりあえず、水分を摂るのが良いとのことで
さっそく前から気になっていたペティのヘルスウォーターを購入しました。
飲んでくれるかな~(´~`;)
他にもクランベリーのサプリとかがいいようだけど
びさまの腎臓にはどうなんだろう?と疑問はつきません

みなさまの愛猫ちゃんも
もしも何かいつもとおかしいことがあったら即病院へお願いします!

ママもキキと一緒に病気と闘います。
キキドン、さっさと石を出しちゃいましょうね(・∀・)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。